NEWS & EVENT

ニュース & イベント

ニュース

2018.08.10

キッズドクター出動!ボストン・サイエンティフィック・スクール~キッズのための自由研究in中野

●心臓がどれだけ血液を送っているか、バケツに入った水を移し替えながら学ぶ子供たち 中野セントラルパークサウスに入居されている医療機器メーカーの「ボストン・サイエンティフィック ジャパン」さんの夏の恒例イベント、『ボストン・サイエンティフィック・スクール~キッズのための自由研究in中野』が開催されました。 大人でも難しい体の仕組みについて、小学生たちがキッズドクターとなって学びます。 今回で3回目となる人気イベントで、ボストン・サイエンティフィック ジャパンさんの社員さん達がこの日のために鋭意を結集させ、体や病気の治療を分かりやすく・楽しく伝えてくれます! ●詰まった血管を広げるバルーンを使って、バルーンがどれだけの力で広がるが調べる子供たち イベントには100人を超える子供たちが中野セントラルパークに集まり、夏休みで日焼けした子たちも今日だけは手術衣に着替えキッズドクターとなり、病院などでも使われている本物の医療機器を使って体と病気について学びます。 血管・心臓・消化器・泌尿器の4つのテーマで部屋が分かれており、部屋ごとにテーマに沿った体験が数種類用意され、子供たちはキッズドクターとして学んでいきます。 ●カテーテルを使い、心臓に疾患がある患者さんを救うキッズドクター! このイベントで子供たちが使用する医療機器はボストン・サイエンティフィック ジャパンの自社製品で、本物のお医者さんが日々使っているものです。 尿路結石などで体の中にできた石を取り除くバスケット、詰まりやすくなった血管を広げて通りをよくするバルーン、心臓が不整脈の時に電気ショックを与えて動きを正常に戻してくれるICDなど、普段なかなか見ることも触ることもできない医療機器ですが、自分で操作し体験することでグッと身近に医療を感じられ、機器を扱う子供たちの目も真剣そのものでした。 ●イベントに訪れた子供たちのアイディアは、夢と希望にあふれています。 会場には「100年後の医療」を子供たちに想像してもらうコーナーもあり、子供達ならではの夢が詰まったアイディアが沢山集まり、将来キッズドクター達が本物のドクターになって叶えてほしいものばかり。 医療機器メーカーが行う、日本の医療と子供たちを繋ぐ良いきっかけとなるようなイベントでした。 ●ボストン・サイエンティフィック・スクールのご案内● http://www.bostonscientific-scienceschool.jp/ 『ボストン・サイエンティフィック・スクール~キッズのための自由研究in中野』イベント概要 ・開催日/ 2018年7月30日(月) ・開催時間/第一部:13:00~15:00/第二部:15:30~17:30