1. トップページ
  2. ニュース・イベント
  3. ニュース

ニュース

2016.12.02

パーク情報

NEW

紅葉の撮影スポットは、中野駅から徒歩5分

東京は11月に雪が降り、今年は例年よりも冷え込みが激しいように感じますが、中野セントラルパークと中野四季の森公園は紅葉が美しい時期となりました。
中野の木々は毎年12月初め頃に紅葉が始まるイメージでしたが、今年は少し早いように感じます。
葉が美しく紅葉するヒミツは"寒暖差"と"日光"。昼夜の寒暖差が大きかったり、葉にたくさんの日光を浴びたりすることが重要なポイントとなります。
しかし、そもそも植物がなぜ紅葉するのかは、未だに解明されていないミステリアスな現象なのだとか...。

中野四季の都市のイチオシ紅葉スポットと言えば、明治大学と帝京平成大学の境界線になっている、モミジバフウの並木道です。
名前にモミジとついていますが、モミジではなくフウという植物の仲間です。名前のとおり、葉は大きなモミジのような形をしています。
この並木道はフォトジェニックな風景で、夕焼けの時間帯はさらに美しくなる場所です。
撮影スポットとして、中野四季の森公園の噴水の水に浮かぶ落ち葉や、芝生の上に散らばる色とりどりの落ち葉も良いロケーションですね。
中野セントラルパークで雑誌の撮影をしてくれたカメラマンの方も「木々が多いので写真の撮り方によって山の中にいるような背景にしやすい場所だと思う」と言っていたので、その撮影ポイントも探してみてくださいね。

皆さんも素敵な紅葉の写真を撮って、素敵な思い出を作っていただけると嬉しいです。
また、先日から中野セントラルパークは夜のライトアップも開始しておりますので、そちらも是非!

サムネイル

2016.11.25

パーク情報

中野にシンガポールチキンライス到来!ウィーナムキーOPEN

今月17日、中野セントラルパークサウス2階に「シンガポールチキンライス」のお店『ウィーナムキー』がオープンしました。
早くもお店に足を運んだ方も多いかと思いますが、知らなかった方・これから行こうと思っていた方・シンガポールチキンライスってなに?という方は、是非ご一読ください。

『ウィーナムキー』はシンガポールにお店が4店舗あり、シンガポーリアンが選ぶ「ローカルフードナンバー1ブランド」にも選ばれた実績を持つお店です。
お店のメインメニューである「シンガポールチキンライス」は、チキンスープで炊いたご飯とチキンとソースを一緒に食す料理で、ソースはチリソース、ジンジャーソース、ダークソイソースの3種類。
チリソースとジンジャーソースを混ぜてチキンに絡め、ダークソイソースは少量をご飯にかけて食べるのがオススメだそうです。
シンガポールでは定食のように日常的に食べられている料理で、ウィーナムキーのチキンはスチームとローストが選べます。

日本では中野セントラルパークが3店舗目の出店となりますが、「ガーデン・シティ」シンガポールを彷彿とさせるロケーションが出店の決め手となったそうです。
シンガポール現地の味を忠実に再現したものを東京中野でも提供するとのことなので、シンガポールが懐かしい方も、シンガポールに行ったことがない方も、中野セントラルパークで本場のシンガポールチキンライスはいかがでしょうか?

ウィーナムキー
HP:http://weenamkee.jp/

サムネイル

2016.11.18

パーク情報

遊び心いっぱいにリニューアル~KIRINココニワ

中野セントラルパークサウス2階、キリングループ本社総合受付にある『ココニワ』はキリンのコーポレートコミュニケーションの場として、ビジネスでの来訪者だけではなく、一般の方にも公開されているキリングループの展示スペースで、この度大幅リニューアルされました。
キリングループ商品の歴史、こだわり、秘密が展示されているココニワ。
リニューアルしたココニワには、いつも目にする商品のエトセトラはもちろん、随所に面白さが散りばめられています。

まず目に飛び込んでくるのは、キリンのイメージカラーである真っ赤なソファです。
さて、皆さんにはこのソファを見て、何か思うことはありませんか?
ヒントはキリンと言えばビール・・・そうです、瓶の飲み口の形になっています!
また、この瓶の口形のソファにちょっと腰かけると・・・どこからともなく飲物をそそぐような音が聞こえてくるじゃありませんか!
そして、このソファから見える赤いドットの壁紙にも注目してください。
これ、ただのドットじゃございませんよ。
この中には3匹の"隠れ聖獣キリン"がいるので、是非探して遊んでみましょう。
展示物を置いてあるブランドテーブルの1つ1つにも目を凝らすと・・・
ここから先はココニワに来た人に気付いてもらえればと思います。
本当は話したくて仕方がないのですが・・・実はこういった小さな"仕掛け"が、会社を訪れたお客さんとの会話の糸口になるとのことです。
会話のきっかけをココニワが担うことでビジネスの話がしやすくなり、さらにキリングループの伝統や歴史も感じてもらえる。そんな、グループ本社の顔となるスペースにリニューアルされました。

仕掛けやこだわりがいっぱいに変身したココニワ。企画展示も随時開催されているので、
今度は皆さんが実際に足を運んで、"仕掛け"を見つけてみてはいかがでしょうか?

 ●ココニワ●
http://www.kirin.co.jp/entertainment/coconiwa/

サムネイル

2016.11.17

パーク情報

本日、新店舗『ウィーナムキー』OPEN!

本日、昼の11時よりサウス2階に新店舗『ウィーナムキー』がOPEN!
シンガポールチキンライスのお店で、シンガポーリアンが選ぶローカルフードナンバー1ブランドにも選ばれた実績あるお店です。
今日からのランチやディナーに、是非ご活用ください!
http://weenamkee.jp/news/nakano_o

サムネイル

2016.11.11

パーク情報

あの店の幻のまかない料理を食べてみたい!~anまかないフェス

●anまかないフェス●
・11月10日(木)~13日(日)
・11時~21時(13日のみ20時クローズ)
 雨天決行・荒天中止
http://weban.jp/contents/c/makanaifes_pc/

●帝京平成大学大学祭『四季祭』●
・12日(土)10時~17時
・13日(日)10時~16時
http://www.thu.ac.jp/news/2016/11/161028-02.html

美味しい食べ物が大好きな皆様。
あの人気飲食店のスタッフたちが、いったいどんな「まかない料理」を食べているのか、気になったことがありませんか?
昨日から中野セントラルパークで始まった『anまかないフェス』は、そんな皆様の長年の夢を叶えるイベントです。
各店舗のまかない料理がワンコイン500円で食べられる、一風変わったグルメイベントとなっております。

15店舗の人気店が集まり、カレー、ステーキ、丼ぶり、うどん、パスタ、かき氷...様々な豪華まかない料理が披露されておりますので、普段お店のメニューには出ることのない、スタッフだけの味をお腹一杯味わっていただければと思います。
特設ステージでは、各日スペシャルゲストによるトークイベントが行われ、週末にはトークに加えてライヴも開催予定!おいしいまかない料理とともにそちらもお楽しみください。

また、週末は、隣接する帝京平成大学 中野キャンパスの学園祭『四季祭』も行われます!
キャンパスの中では、学生さんによるステージライブやパフォーマンス、教室展示のほか、体育館では児童学科による手作りの子供用のアトラクションなど、大学のカラーが存分に出た学園祭となっております。
キャンパスを気軽に見られるので、学園祭で学生気分も味わっていただけますよ。
秋の中野セントラルパークで行われる最後の大規模屋外イベントとなりますので、秋色の中野へ是非お越しください。

サムネイル

2016.11.04

パーク情報

羊肉を食べ尽くすイベント~大・羊フェスタ2016inなかのアンテナストリート

●大・羊フェスタ2016inなかのアンテナストリート●
・日時:11月5日(土)11:00 − 17:00
    11月6日(日)10:00 − 17:00...
・場所:中野セントラルパーク パークアベニュー
http://hitujikajiri.com/lp/fes-2016/

中野では過去様々なフェスやお祭りが開催されてきましたが、今回は、四本足で・・・ふわふわもこもこ・・・メェーと鳴く・・・そう、羊が主役のイベントが開催です。
明日より、中野セントラルパークが羊料理で埋め尽くされる『大・羊フェスタ2016inなかのアンテナストリート』が開催されます!

第一回目は千代田区で、第二回目は下北沢で行われてきた羊フェスタですが、第三回目は中野セントラルパークでの開催が決定し、定例イベントであるなかのアンテナストリートの中で行われることになりました。
前売りチケットが売り切れる、2日で1万人が訪れる、など毎回話題のイベントとなっており、日本全国のお店の羊料理を食べることができる数少ない機会となっております。
今回も20以上のブースが連なり、中野セントラルパークが世界の羊料理と香ばしい香りに包まれる予感です。
さらに羊料理だけではなく「なかのアンテナストリート」に出店しているお店も多数やって来ますので、こちらも羊料理とともにお楽しみください。
両日ともステージにて音楽ライブや、ゆるキャラショーなどのイベントも行われるそうなので、ゆっくり食べながら中野での一時を楽しんでいただければと思います。

通常は1日だけの「なかのアンテナストリート」ですが、今月は土日続けて2日間開催しており、お隣の中野四季の森公園では『チャランケ祭』も行われておりますので、そちらも覗いてみてくださいね。

サムネイル

2016.10.28

パーク情報

今週末は「自然栽培フェア」と「東北復興大祭典なかの」で食と文化に触れる

●自然栽培フェア2016●
・場所 中野セントラルパーク パークアベニュー
・日時 10月29(土)~30(日) 10~16時

●2016東北復興大祭典●
・場所 中野駅北口周辺
・日時 10月29日(土)10~20時
    10月30日(日)10~17時

今週の土日は中野セントラルパークにて『自然栽培フェア2016』、そして中野サンプラザ広場・中野駅北口暫定バスロータリー・中野区役所を会場に『2016東北復興大祭典なかの』が開催されます。
東北復興大祭典なかのでは大迫力の『ねぶた運行』が、中野四季の森公園~帝京平成大学中野キャンパス前の道路で行われますので、そちらも注目です!

自然栽培フェアは、自然栽培や有機栽培で作られた農作物や加工品がズラリと並ぶ2日間。
お米、野菜、フルーツ、お茶、蜂蜜、ジャム、ジュース、スイーツ、日本酒などこだわりの商品が並びます。
今回は物販の他に、自然栽培焼き芋食べ比べ、自然栽培等で作られた日本酒の利き酒、自然栽培野菜を使ったライブ料理教室、生産者クロストーク、ミニコンサートなど様々な催しも行われております。

東北復興大祭典なかのは、東北各県のおいしい農水産物、工芸品、B級グルメなどのブースが60以上出展し、中野駅周辺が東北のグルメスポットと化す2日間。
中野サンプラザにはステージが組まれ、日本三大流し踊りの「黒石よされ(流し踊り)」や、青森県無形民俗文化財の「今別町荒馬まつり」、その他にも津軽三味線や郷土芸能などが披露されます。
また、なんと言っても目玉は「ねぶた運行」!
本場青森の巨大なねぶた、鈴をシャンシャン鳴らしながら跳びはねる跳人、美しくも迫力ある「ねぶた運行」は必見です。
どちらも楽しいイベントとなっておりますので、是非週末は中野へお越しください。

サムネイル

2016.10.21

パーク情報

中野セントラルパークミニ植物図鑑~スダジイ~

パークアベニューでどんぐりを見つけることが多くなってきた今日この頃。
今回は、中野はもちろん、東京中の公園でもよく見かけるどんぐりの木『スダジイ』の見分け方をご紹介します。

中野セントラルパークではj.s.パンケーキカフェ前や、パークアベニューの大学側に『スダジイ』が沢山植えられています。
ブナ科の常緑樹で、葉の大きさは5~10㎝ほど。
葉の縁にギザギザ(鋸歯)があるもの・ないものがあり、先端が細く尖った形をしています。
しかし『スダジイ』の一番の特徴は、葉の形ではなく、なんといっても葉の色です!
表側は深い緑色をしていますが、裏側は緑色とはほど遠い、黄土色のような光沢のある薄茶色をしています。
1本の木の枝に、深緑と黄土色の葉が一緒に見えたら、スダジイだと思ってもらって大丈夫です。

スダジイはちょうど今「どんぐり」の季節です。
スダジイのどんぐりは2㎝にも満たない小さな実ですが、たまに"鎧"を着たような状態で見つかります。
この鎧は「殻斗(かくと)」という部位で、殻斗のことを「どんぐりの帽子」と呼ぶ人も多いのですが、スダジイの殻斗は実全部を覆うような形をしています。
実が熟してくると殻斗が割れ、どんぐりが顔を出しますが、殻斗がついたまま落ちている時もあるので、こんな鎧を着ているどんぐりを見かけたら、近くにスダジイの木があるという証拠ですね。
ちなみにスダジイのどんぐりは渋味が少なく、美味しく食べられるのだそう。
もしかして、硬い鎧に覆われているのは、美味しいどんぐりを守るためなのかもしれませんね。

サムネイル

  • サウス
  • イースト

サウス マップ

サウスのフロアマップを詳しく見る

イースト マップ

イーストのフロアマップを詳しく見る

就業者の方の特典はこちら

WEBクーポンはこちら

このページの先頭に戻る