NEWS & EVENT

ニュース & イベント

ニュース

2020.02.07

「NAKANO街中まるごと美術館」が10周年!中野の街が「アール・ブリュット」に染まる!

「NAKANO街中まるごと美術館!アール・ブリュット ~人の無限の想像力を探求する2020~」が1月25日から、JR中野駅周辺などで始まっています。   中野には区内を中心にアール・ブリュット作家支援や関連イベントを多く手掛ける社会福祉法人愛成会があり、一昨年の10月には障害者国際芸術祭プレ企画・国際研究フォーラム「ナントからナカノへ-文化芸術が創るまちの未来ー」を開催するなど、すでに中野は日本国内でのアール・ブリュットの聖地と言われはじめています。     アール・ブリュット(=Art Brut)とは「生(き)の芸術」という意味のフランス語。正規の美術教育や文化潮流とは違って、作家独自の方法・発想で制作された芸術の総称ですね!障がいを抱えるアーティストの芸術もアール・ブリュットに含まれます。   毎年開催されている「NAKANO街中まるごと美術館」。今年は10周年の記念イベントとなっています。こちらは中野駅北口「中野サンモール商店街」天空ギャラリーの横断幕です。     「中野ブロードウェイ商店街」の階段ギャラリーにもポスターが展示。     中野駅南口の「中野南口駅前商店街」にはアーケード下にポスター展示。     「中野レンガ坂商店会」の展示はフラッグ形式ですね!     中野マルイの2階や三井住友信託銀行中野支店も参加しています。     2月2日~8日には野方WIZギャラリーで、16日~24日には中野ブロードウェイ(中野5)4階「GALLARYリトルハイ」で「アール・ブリュット展」として作品展示も行います。     関連イベントとして、2月8日10時30分~と14時~の2回にわたって「視覚障がい者とつくる美術鑑賞ワークショップ」が野方WIZギャラリーで、22日13時~には映画「描きたい、が止まらない」バリアフリー上映会が中野駅南口の西側線路沿いにある中野テルプシコールでも開催予定です。     「NAKANO街中まるごと美術館」は3月1日まで開催。「アール・ブリュット」の聖地・中野で、「生の芸術」色んなところで感じて頂きたいです。   ※リンク   「アール・ブリュット Nakano」 https://nakano-artbrut.info/